1. >
  2. >
  3. 高齢化の歴史

高齢化の歴史

日本がたどった歴史

現代の日本は世界でもトップクラスの高齢化社会となっています。
それでは、昔から日本は高齢化社会だったのかといえばそうではありません。
歴史を経て急速に高齢化が進んできたのです。

高齢化は3つの段階によって定義されています。
高齢化社会と高齢社会、そして超高齢化社会です。
これらは高齢化率によって定義されており、全人口の中で65歳以上の高齢者がどれくらいの割合を占めているのかによって決められます。

高齢化率が7%以上の倍は高齢化社会であり、14%を超えると高齢社会となり、21%を上回ると超高齢社会となります。
日本は1970年の調査では高齢化率が7.1%であり高齢化社会となっていました。
その35年前である1935年の高齢化率は4.7%でした。

1935年以降、特に戦後になって医療が発達したことによって平均寿命が長くなりました。
さらに出生率が低くなったために、高齢化率が高くなったのです。
1970年以降は急速に高齢化が進むようになり、1995年の調査では高齢化率は14.5%でした。

なんとわずか25年の間に高齢化率が倍となったのです。
そして、2007年には21.5%に達したため日本は超高齢社会となりました。
日本は平均寿命と高齢者の数、そして高齢化のスピードは世界でもトップクラスとなっています。

少子高齢化に関してはいわゆる団塊の世代の人口が多く、その後少子化が進んだために、高齢化のスピードが急速に早まりました。
第二次ベビーブーム世代の人口も多いため、この世代が高齢者になる頃には信じられないぐらいの高齢化率に達することでしょう。

これからの高齢化

高齢化のペースに関しては2015年現在が最も強い時期であり、これからは弱まっていくとされています。
それでも高齢化が進展していくことには変わりなく、2020年には29.1%の高齢化率となり、2035年には高齢化率が33.4%に達するだろうという報告があります。
高齢者人口に関しては2042年がピークになるとされており、その後は減少していくと予想されています。

これからは医療がどんどん発達していくことが予想されているため、平均寿命はさらに長くなるかもしれません。
結婚をする方は減っており、子供の数もどんどん減っているため、少子高齢化を促進させる要素はたくさんあります。
少子高齢化の対策をするべきだという議論がされているのですが、どうしようもない状況となっています。

日本は世界一の少子高齢化社会であり、これまでに人類が経験したこともないような環境となっているのです。
そのため、日本がこのような状況をどのようにして乗り切っていくのかは注目されています。
日本の対応を参考にして、他の先進諸国も高齢化を乗り切ろうとするでしょう。