1. >
  2. >
  3. 介護サービスを知る

介護サービスを知る

介護サービスの種類

介護は大きく注目されているのですが、そのサービスの詳細についてはきちんと理解している方は案外少ないです。
たとえ当事者となっても正しい理解をしていない方は多いのです。
まず、介護サービスは大きく分けると施設サービスと居宅サービスがあります。

施設サービスとは老人ホームをはじめとした施設に入居して、そこで介護サービスを受けることです。
要介護度に応じて入居できる施設は異なり、受けられるサービスの種類も違います。
審査を受ける必要があるため、なかなか入居することができなくて待っている方もたくさんいます。

施設内では、日常生活の介助を受けたり、レクリエーションを楽しんだり、リハビリをすることができます。
たくさんの介護スタッフが常駐しており、集団生活を中心とする施設から、個室のある施設まであります。
利用料金については月額10万円ほどのところから100万円を超えるような高級な施設も存在しています。

自治体が運営しているところから民間企業によって経営されている施設まであります。
それぞれに合った施設を選んで利用することが大切です。
施設の種類はかなりたくさんあるため、勘違いをする方は多いです。

ケアマネージャーに相談をすれば、さまざまなアドバイスを受けることができます。

デイサービスとデイケアとは

居宅サービスには大きく分けてデイサービスとデイケアの2種類があります。
これらは在宅介護となり、自宅内で生活を続けることができるため、多くの高齢者が望んでいます。
やはり人生の最期の時間は自宅内で生活をしたいと考えている方が多いのです。

デイサービスとは日常生活のケアを中心としたサービスを受けられます。
通所介護と呼ばれており、食事や入浴をはじめとしたさまざまなサービスを提供します。
自宅からセンターに通い、そこでサービスを受けます。

送り迎えをしてもらうことができるため、自分で動くことが困難な方でも問題ありません。
それぞれの自宅まで車で移動して、そこで利用者を迎えます。
介護が必要となると自宅内に引きこもりがちになってしまうのですが、センターに通うことによって他人と交流を深められるようになり、色々な刺激を受けられます。

デイケアといって通所リハビリを受けられるサービスもあります。
こちらは生活のケアではなくリハビリを中心としており、自立した生活を受けられるようにさまざまな訓練を受けます。
こちらもセンターに通い、そちらでサービスを受けることになります。

センターによって提供しているサービスの種類はさまざまです。
ケアマネージャーに相談をすれば、利用者に最適なサービスを提案してもらえます。
分からないことがあれば気軽に質問をしましょう。