1. >
  2. >
  3. 介護支援ボランティア

介護支援ボランティア

高齢者による介護支援

高齢者の中には介護を必要とせず元気に生活している方がいます。
そのような方に介護施設でボランティアをしてもらうことが介護支援ボランティアです。
これには色々なメリットが存在しています。

まず、高齢者がボランティア活動をすることによって、健康を促進して、生きがいづくりを果たすことができます。
高齢者の中には自分はこれから何を生きがいにして生きていけばいいのか不安に思っている方がいます。
ボランティアによって他人のために何かをすることによって、自分の生きている意味を確かめられるでしょう。

また、ボランティアを通して身体を動かすことができて、他人とのコミュニケーションを図ることができるため、これによって健康を維持して、自身が介護を受ける立場になることを避けられます。
高齢者の方に介護施設でボランティア活動をしてもらうことができれば、人手不足を解消できます。
それによって、施設内での介護サービスの質を高めることにもつながるでしょう。

このようにたくさんのメリットがあるために、現在介護支援ボランティアは大きく注目を集めています。
多くの施設でこの試みを実行しようという動きが出ています。
自治体が主体となって介護支援ボランティアを推進することによって、介護に関するさまざまな問題点を解決することができるでしょう。

介護支援ボランティアの意義

日本では急速に少子高齢化が進行しており、既に高齢化率は2割を超えています。
なんと2055年頃には4割近くが高齢者となる時代が到来するのです。
そうなると社会保障費が急速に膨れ上がってしまい、国家経済が破綻してしまうかもしれません。

高齢者が自らの手によってボランティアを通して健康で豊かな生活を送れるようになれば、社会保障費を削減して、介護の負担を軽減することができます。
元気な高齢者が増えるのであれば、たとえ高齢化が進行したとしても、その影響を最小限に食い止めることができるのです。
高齢者が自分の力によって住み良い社会を作り上げていくための貢献をできるのがボランティアの大きな意義となっています。

ボランティアを通して、自分が地域社会に必要とされていると実感できるでしょう。
会社勤めをしていた頃には自分の生きている意味を問う必要はありませんでした。
生きがいについて悩むこともなかったでしょう。

それが定年を迎えて、高齢者として毎日生活するようになると、とたんに生きがいがなくなってしまい、自分はどうして生きているのか疑問に感じてしまうようになります。
そのような状態が続くとあっという間に健康状態は悪化して介護が必要となるのです。
このような状況を改善させるための制度が介護支援ボランティアです。