1. >
  2. >
  3. ケースワーカーの資格

ケースワーカーの資格

福祉支援のための相談業務を行うケースワーカー

ケースワーカーは、地域の中で様々な問題を抱える人たちの相談に乗り、それを解決できるように行政機関や福祉施設、医療機関などと連携するという仕事です。
その範疇はとても広く、児童関連の問題や高齢者へのケア、心身障害者への対応などがあります。
社会福祉全体に関わる仕事ですので、総合的な知識と広い対応能力が求められると言えるでしょう。

ケースワーカーは、まず問題を抱える人の相談に乗って、具体的にどのように対処していったらいいかを決めていきます。
その後、地区の担当員などと連絡を取り、必要な医療や介護ケアを受けられるように手配したり、行政からのサポートを得られるようにします。
それぞれのケースで全く事情や対処法が異なることも多いので、常に最も良い解決策を見出す努力が必要です。

ケースワーカーになるための資格とは?

ケースワーカーとして働くには、まず社会福祉主事の任用資格が必要です。
この資格には受験条件があり、まず福祉系の大学や短大に行って指定されている3単位以上を履修していることが求められます。
もしくは、2年以上の課程がある、ケースワーカー養成のための専門学校を卒業するというものです。

その後社会福祉主事の試験に合格したら、第一段階が終了します。
この資格はあくまで任用資格というもので、この資格だけでケースワーカーとして働けるわけではありません。

ケースワーカーは、地方公務員として勤務することによって効力を発揮されます。
社会福祉主事の資格を取った後、地方公務員試験を無事に受かって、採用されることによって、初めてケースワーカーとなれるのです。

地方公務員として採用されたら

このように、ケースワーカーとして実際に働くためには、社会福祉主事の資格を取ると共に、地方公務員の試験にも合格する必要があります。
ほとんどの自治体では、福祉職と行政職に業務を分けていて、社会福祉主事の資格を持っている人はたいてい福祉職に配属されるでしょう。
この福祉職になれば、ケースワーカーとして実際の仕事ができることになるのです。

職場としては、児童相談所や福祉センター、役所内の福祉課そのものなどがあります。
あくまでも自治体がどこに配属するかを決めますので、自分では選べないことがほとんどです。

それでも、面接の際などに、自分の希望を伝えて得意分野がどこであるかを伝えることによって、その希望が通ることもありますので、自己PRはしっかりとしておく必要があります。
転属が定期的にあるケースも多いので、万一自分の望む部署ではないとしても、いずれ希望部署に配属されると考え、長い目で見た方が良いでしょう。