1. >
  2. >
  3. 福祉住環境コーディネーターの資格

福祉住環境コーディネーターの資格

福祉と建設に関する幅広い知識が必要となる検定資格

福祉住環境コーディネーターは、障害者や高齢者などが安全かつ快適に自宅での生活を送れるように、住宅の改修を行う際のアドバイスをするという仕事をします。
また、要介護者が自宅の改修を行う場合には、公的な助成金を受けられますので、そのための書類作成や手続きをするというのも、大事な仕事です。
住環境という分野において、高齢者や身体障害者をサポートするというのが主な役割となります。

こうしたことから、福祉住環境コーディネーターの検定試験では、福祉と建設、そして医療の知識があるか問われます。
筆記試験はマークシート方式で、しっかりと対策を取っていればそれほど難度の高くない試験ではありますが、範囲が広いためきちんとそれぞれの分野を網羅している必要があるでしょう。

基本的に受験資格はなく誰でも受けることができますが、1級を受験するためには2級に合格しているということが条件となります。

福祉住環境コーディネーターが活躍できる場所とは?

福祉住環境コーディネーターは主に福祉と建設の関係する仕事ですので、どちらの業界でも仕事を見つけることが可能です。
といっても、現在のところは福祉住環境コーディネーターとしての仕事だけで働くというのはなかなか難しく、この資格を活かしながら他の業務と同時に仕事をするという形になるでしょう。

建設業界の場合は、工務店や住宅メーカーで働くことが多く、普段の業務をしながら、高齢者や障害者に対応する住宅リフォームが生じた時に、その説明やアドバイス、行政機関への手続きなどを行います。
また、介護事業所に勤めて、利用者の方やご家族の相談に乗るという業務を行うこともできるようになります。
主にこの二つ、つまり建設業界か介護業界ということになりますので、自分でどちらの業界で働くのかを考えて資格を活かしていきましょう。

福祉住環境コーディネーターの資格を取るメリットとは?

前述の通り、資格だけで仕事ができるということではありませんが、資格があると仕事の幅が広がります。
通常の建設関連の業務、もしくは介護業務だけでなく、住宅改修という分野に手を広げてコンサルタント業務ができるようになり、より多くの人のために役立てられるのです。

また、福祉住環境コーディネーターの資格を持っていると、それぞれの分野で採用を有利にすることができるというのも、転職を考えている人などには大きなメリットでしょう。
さらに、福祉住環境コーディネーターが助成金申請の手続きをすることによって手数料を徴収できるようになりますので、資格手当をもらうこともできるようになり、給料面でのメリットも生まれます。