1. >
  2. >
  3. 柔道整復師の資格

柔道整復師の資格

国家資格を持つエキスパートとして働く柔道整復師

柔道整復師の主な仕事は、骨折や脱臼などのケアを行うというもので、固定や修復などをします。
柔道整復師は国家資格を持つエキスパートですので、柔道整復師が行う行為に関しては健康保険が適用されることになり、より重要度の高い行為となるものです。

よく柔道整復師の仕事を、マッサージや整体師と混同されることがありますが、柔道整復師はより高度で国家資格保有者として働くことになります。
その分、資格を取るのが大変ですが、それだけの価値があるものだと言えるでしょう。

基本的には骨や関節のトラブルを抱える患者さんのケアを行いますが、最近ではスポーツ関連のケアを行う人も増えています。
よりパフォーマンスを向上させるため、スポーツ障害を防ぐために、柔道整復師という立場から選手をケアするという仕事です。

柔道整復師の活躍の場は広い

柔道整復師は骨や関節、筋肉のケアのプロですから、対応できる範囲が広くいろいろな仕事場があります。
一般的なものとしては整骨院があり、勤め人として仕事をすることもできますし、将来的に自分で整骨院を開業して独立するという手もあるでしょう。

また、介護施設における仕事に就く人も多くなっています。
主に高齢者や身体障害を持つ人のリハビリを行い、他のリハビリスタッフと共同しながら長期的なリハビリプログラムを作り実行していく業務です。

リハビリテーションの必要がある診療を行っている病院やクリニックで働く柔道整復師もいます。
特に最近は整形分野でもスポーツ整形が注目されていて、ここで活躍する柔道整復師も増えてきました。
スポーツチームに所属して、専属のトレーナーとして働くというケースも見られます。

専門学校に通って柔道整復師の受験資格を取る人が多い

柔道整復師の国家試験を受けるためには、いくつかの受験条件があります。
柔道整復師養成課程を持つ4年制の大学や短大で、指定されている単位を修了していることというのが一つの条件です。

大学に行かなくても、柔道整復師の養成学校がありますので、この専門学校に通うことによっても受験資格が得られます。
専門学校の方が時間の点でも費用の点でも負担が少ないため、専門学校に行って資格を取る人の割合が多いでしょう。

こうして受験資格を得られたら筆記試験と実技試験のある国家試験を受け、合格したら柔道整復師として働けるようになります。
柔道整復師の仕事は、非常に経験と技術的スキルが重要ですので、資格を取ったからと満足せず、現場での経験を積み、技術を伸ばしていけるように努力を続けることが肝心です。
しっかりとした技術を身に着け、固定客ができれば個人開業などもできるようになりますので、将来性がある仕事だと言えます。