1. >
  2. >
  3. 介護支援専門員

介護支援専門員

介護施設で活躍する人材

介護支援専門員とはいわゆるケアマネージャーのことです。
ケアマネジメントをすることができる資格者であり、とても重要な役割を果たしています。
介護認定を受けた方からの相談を受けて、介護サービスの具体的な計画であるケアプランを作成します。

また、事業者との連絡を行ったり、調整をするといった仕事もあります。
利用者と面接をしてどのような希望を持っているのかを聞き出し、どんな介護が必要であるのかを査定して、プランニングをするのが主な仕事の流れとなります。
適切な介護サービスが実施されているのかを評価したり、状況に応じて再びプランニングを行うこともあります。

このように介護サービスを利用したい方はケアマネージャーのサポートを受けることになるのです。
受験資格を満たしている方が試験を受けて、その後に研修を受けて、最終的にはレポートを提出する必要があります。
また、5年毎に更新をしなければいけません。

詳細については変更されることが多いため、その時の最新情報をチェックしておきましょう。

介護支援専門員の必要性

介護職の仕事をしているならば、ケアマネージャーを目指している方はたくさんいます。
この資格を取得することによって、仕事の幅は広がり、年収も上がるでしょう。
活躍の場は幅広いため、より専門性の高い仕事をしたい方には最適な資格です。

介護福祉士の資格を取得した後にケアマネージャーを目指すケースが多いです。
試験の合格率はかなり低くなっており難関資格の一つです。
きちんと勉強をして合格を目指しましょう。

ケアマネージャーに合格した方の中の半数以上は介護福祉士の資格を持っています。
試験の内容は頻繁に変更されることがあるため気をつけましょう。
これからは介護サービスを利用される方の数が増加することが予想されるためケアマネージャーの重要性は高まります。

介護職を目指している方は最終的な目標としてケアマネージャーの資格を目指すとよいでしょう。