1. >
  2. >
  3. 臨床心理士の資格

臨床心理士の資格

心理カウンセラーとして活躍する臨床心理士

臨床心理士とは、精神的なストレスを抱えている人などのカウンセリングを行い、心理的な負担を軽減したり、メンタルヘルスの面で大きなダメージを受けることがないように予防的にカウンセリングをしたりする仕事です。
人の心理というのはとても複雑ですし、カウンセラーの対応次第で深刻な事態となることもありえますので、専門的で高度なスキルが求められます。

臨床心理士が活躍する場としては、学校や行政機関、介護施設などがあり、様々なところで仕事を見つけられるでしょう。
また、個人でカウンセリングを行うこともでき、独立してこの仕事に専念することも可能となっています。
日本ではまだ心理カウンセラーの仕事がそれほど普及していませんが、徐々に認知度が高まってきていて、臨床心理士のもとに相談に行く人も増えていますので、仕事という面でも見込みがあります。

臨床心理士の資格には高学歴が必要となる

臨床心理士としての仕事は、非常に責任が重いということもあって、資格を取るのは簡単ではありません。
というのも、臨床心理士の試験を受けるための受験資格には、高学歴が求められるからです。
指定されている大学院を修了しているということが条件となっていて、かなり狭き門となっています。

受験資格を満たしていれば、試験自体の合格率はそれほど低くはありませんので、きちんと対策を取れば問題なく資格を取ることが可能です。
そのため、まずは受験資格を得ることができるように、早めに進路を決めるということが重要なポイントとなるでしょう。

臨床心理士の資格は民間資格で、この資格がないと何らかの業務ができないというわけではありません。
しかし、この仕事は特殊性が強いため、資格があるのとないのでは大きな違いをもたらします。
将来的に国家資格への移行を目指しているものでもありますので、チャレンジするのは大きな価値があるのです。

臨床心理士として生涯学習をしていくことが欠かせない

臨床心理士として働くためには、資格があれば十分というわけではありません。
日本ではまだそれほど臨床心理士の働きが認知されていないため、求人の割合が少ないという傾向が見られます。
心理カウンセラーとしてスキルを磨き、しっかりと仕事としていくためには、より専門的な知識と経験を加えていく必要があります。

また、時代によって求められていくことも異なってきますので、常に勉強を怠らない態度が欠かせません。
生涯学習の必要性がとても大きな仕事でもありますので、いつもハリを持って仕事に取り組めるというのも一つのメリットです。
人の一生を左右するかもしれない力を持っている仕事ですので、有効にスキルを活用していきたいものです。