1. >
  2. >
  3. 理学療法士の資格

理学療法士の資格

リハビリを行うプロとして活躍する理学療法士

理学療法士とは、身体機能の障害を持つ人にリハビリを施し、身体機能回復を図るプロのことです。
高齢者や障害者の方に直接リハビリをしたり、サポートをしながら運動をしてもらったりして、立つ、歩く、座るといった基本的動作ができるように訓練していきます。
こうした運動プログラムと同時に、温熱器具や電気療法の器具などを使って、多方面から筋肉や神経の働きを刺激して身体機能の回復を狙うというのも理学療法士の仕事となります。

理学療法士は、主に基本動作となる動きができるように訓練するという役目を担っていますので、より重度の機能障害を持っている人をケアすることが多い傾向にあります。
事故などによって大きな障害を負ってしまった人や、寝たきりになりつつある高齢者のリハビリを行うなどの仕事です。
責任が重い仕事ですが、自分の施すリハビリによって患者さんが徐々に回復していく様子を見られるのは、非常に大きなやりがいを与えるものとなるでしょう。

理学療法士の活躍場所とは?

理学療法士の仕事はリハビリがメインですので、リハビリテーション科を設置している総合病院やクリニックなどの医療機関で活躍できます。
こうしたところでは、脳血管障害などの病気で障害を患っている人、事故などで体の一部が機能しなくなっている人、神経難病などで機能が失われている人などのリハビリを担当することになるでしょう。

もう一つのメインとなるところは介護関連施設です。
高齢者は徐々に足腰や手先などの機能が弱まっていきますので、機能を失う前にリハビリをして機能を維持するというのはとても重要と言えます。
また、すでに機能障害を負っている人にリハビリをして、少しでも日常生活に戻れるように助けるというのも理学療法士の役目です。

理学療法士の資格を取るためにすべきことは?

理学療法士は国家資格ですので、国家試験にパスしないといけません。
しかし、その試験の前にも一つの条件があります。

理学療法士養成課程を持っている大学や短大に行っていること、もしくは理学療法士養成の専門学校を卒業しているということです。
これらの学歴条件を満たせないと、国家試験そのものを受けられませんので、まずは受験資格を得られるように、進路を決めることが前提となるでしょう。
養成課程を修了するためには、数年の期間が必要となりますので、時間もコストもかかり事前の準備が欠かせません。

その分、養成学校では受験対策だけでなく、即戦力として働けるように実技もしっかりと学ぶことができます。
ここで学んだことが生涯の理学療法士としてのスキルのベースとなりますので、しっかりと学習をするようにしましょう。