1. >
  2. >
  3. 精神保健福祉士

精神保健福祉士

精神科で活躍する人材

精神保健福祉士とは福祉系の三大国家資格の一つとされており、精神科ソーシャルワーカーと呼ばれている人達のことです。
多くの精神科病院やクリニックに配置されておりとても重要な役割を果たしています。
近年はメンタルヘルスの重要性が認識されているため、幅広い活躍をしています。

精神分野に特化した仕事を行うのが特徴なのですが、基本的にはソーシャルワークを行っています。
精神に限定されることなく、募集要項にこちらの資格を取得していることが必須とされている求人はたくさん出ています。
受験資格を得ているものが国家試験を受けて合格することで精神保健福祉士を名乗ることができます。

福祉系の大学へ進学して、精神保健福祉士を目指す方が多いです。
毎年1回試験が実施されて、3月になると合格発表があります。
精神保健福祉士を目指したい方は受験資格をよく調べておきましょう。

国家試験の合格率は比較的高いため、受験資格を満たしていて、きちんと勉強している方ならば問題なく合格できるでしょう。
社会福祉士と協力をしながら色々な仕事をすることになります。
国家試験を受験される方は毎年7,000人ほどいます。

合格者の7割近くは女性となっているのが特徴的です。
試験では6割以上の得点が求められます。
また、すべての科目において得点をしている必要があります。

筆記試験であり、出題数はかなり多く、試験時間も長いためハードな試験となるでしょう。

精神保健福祉士の重要性

精神保健福祉士は1997年に誕生した比較的新しい国家資格です。
精神障害者に対するサポート体制は日本ではまだまだ未成熟であり、多くの方が苦しんでいます。
このような状況を改善させるためにも精神保健福祉士の責任は大きいです。

多くの方が幸せな人生を歩んでいくための基盤整備をするためにも精神保健福祉士は必要な存在となっています。
仕事内容としては、さまざまな生活支援サービスを実施したり、医療機関においてはチーム医療の一員として患者を助けます。
行政機関においては各種手続きや支援事業なども行っています。

司法施設では社会復帰プログラムをはじめとして色々な業務を担当しています。
企業や教育機関で活躍している精神保健福祉士もいます。
まだまだ認知されていない資格なのですが、これからの時代においては更に活躍の場を広げていき、多くの方の心の健康をサポートする存在となるでしょう。

心の健康を害してしまえばまともな生活を送ることは非常に困難になってしまいます。
日本は先進国の中でも特に自殺者の多い国であり、社会問題となっています。
心の問題を解決するための総合的なサポートをする精神保健福祉士は必要な存在なのです。