1. >
  2. >
  3. 介護福祉士になるには

介護福祉士になるには

福祉系の学校に通っていると介護福祉士は取りやすい

介護福祉士は、介護業務を行うにあたって重要な資格となっていて、介護の実務をしている人ならぜひとも取得したい資格の一つです。
この資格は国家資格ですので、国家試験に合格しないと資格を取ることはできません。
また、試験に当たっては受験資格を満たす必要がありますので、事前に確認して、まずはその条件を満たすようにしましょう。

受験資格の一つとしては、福祉系の高校や短大、4年生の大学を卒業していることが挙げられます。
学歴によってはこうした学校を卒業していれば、養成機関に通わなくても受験資格が得られますので、かなり楽に資格が取れます。
全体的な傾向としては、福祉系の専門学校や高校に通って、その後試験を受けるというケースが多く見られます。

特に専門学校では、実地での研修などもありますし、試験対策がしっかりとしていますので、資格取得がしやすというメリットがあります。
また、福祉系の高校などの学歴があれば、その後他の仕事をしていたとしても受験ができますので、介護の仕事に転職したいという時に役立ちます。

学歴に関係なく実務経験があれば試験を受けられる

このように、基本的には福祉系の高校や専門学校に行っていることなど、ある程度の学歴が受験資格を満たすために必要となります。
しかし、学歴がなくても介護福祉士の受験資格を持つことができますので、もし該当する学歴がないのであれば、そちらの方法を採ることができます。
それは、3年以上の実務経験を持つということです。

実際に介護の現場で業務としているのであれば、実務経験としてカウントされるようになりますので、3年間頑張ってみるのも良いでしょう。
そして、3年の実務経験を持つことができたら、指定の養成機関で講習を受けることによって、介護福祉士試験の受験資格を満たすことができます。
こうして介護福祉士の資格を取る人も多いので、時間は多少かかりますが、学歴に関係なく資格取得者として働けます。

資格を持つことで活躍の場を広げられる

介護福祉士を持つことのメリットはいろいろあります。
もちろん、介護の業務自体は資格がなくてもできますが、より質の高いサービスを提供することができるようになりますし、ホームヘルパーなどの指導をすることもできるようになります。

また、介護施設では一定数以上の資格保有者を配置することになっていますので、施設側でも資格を持っている人を優遇しています。
給料などの雇用条件が上がりますし、正社員として登用される機会も多くなりますので、メリットは大きいと言えるでしょう。
非正規職員が多い介護の業界では、資格を取ることが安定した仕事を得る近道となります。